社会人がビジネス英語を身につける方法

英語や外国語って難しいものではない!!

言語の習得とは学問・勉強ではない

何かを習慣化するということは、根気の要る作業です。 好きなことや興味のあることはどれだけやり続けても一向に苦にならないかと思います。 これと英語を一緒にするのは困難かもしれませんが、ここで言う習慣化は、机に座って単語を覚える、文法を学ぶ、長文を読むと言うことを意味しません。

習慣とは短くても毎日継続すること

現代の社会人の多くの世代が必修科目として中学、高校と習った英語。
そのためか、どうしても苦手意識やとても面倒なものとして牽制しがちになっていませんか。
でも、皆さんがどの様にして日本語を話せるようになったかを考えてみて下さい。
毎日机に向かって文法を学習したりした記憶はありますでしょうか?
特別な教育や特訓をしてようやく話せるようになったでしょうか?
恐らく、皆さん気付いたら話していたのではないかと思います。
そう、言語を話すことは、学問ではなく習慣なのです。
まずは、このマインドセットから始めましょう。
英語を話すようになるには、特別な技術も特別な環境も必要なく、第一に慣れることが必要なのです。
勿論、特別な環境を準備することで格段に早く上達することは可能ですが、何より習慣ですので、慣らすことこそが必要なのです。
特別な事情を除いて、誰もが母国語を簡単に話します。
外国語を自在に話すバイリンガル、第二外国語も話せるトリリンガルと呼ばれる方は、特に外国人には多くいます。
その背景には、その国の歴史や文化によることが多くあります。
しかし、共通しているのは小学校などからそれらの言語が必修科目となっており、日常会話程度の能力が身に付いていると言うことです。
これもひとえに習慣付けた結果であると考えられ、特殊な教育を施したのではないはずです。
やはり、年齢によって吸収の早さは異なるとは思いますが、習慣ですので誰でも習得することが出来ます。
今から始めても、時間は掛かりますが、習慣付けることで確実に、着実に身に付いていくものです。
改めて、英語を身に付けると言うことは難しいことではありません、なぜならただの習慣だから。

英語を身に付ける目的

皆さんが英語を身に付けたいと思う動機はそれぞれ異なるものがあると思います。 日常会話、ビジネス英語、その他いずれの目標にしても、言語である以上共通する目的は、こちらの意思や考えを相手に確実に伝えることに他なりません。 文化や習慣の大きく異なる外国人とどの様に接すれば良いのかについても考えてみましょう。

使おうとしているのは母国語ではなく外国語

当たり前の事ですが、英語は日本語環境で育った日本人にとっては紛れも無い外国語です。 つまり、我々は英語を専門としていないのです。 勿論、上級英語が求められる環境にいる方々とは状況が違いますが、専門ではないので多少間違えても当然だと言う心持でいきましょう。